HOMEスイーツコラム01【ブランド】ボンヌママン05【商品】ジャム

ボンヌママンジャム

2010年4月28日 (水)


こんにちは。
アルカンリテール営業部です。
アルカンといえば、フレンチやイタリアンレストラン向け高級食材、シャンパーニュ、ワイン・・・というイメージが強いのですが、デパートや輸入食材店、更にスパーマーケットなど、もっと身近で、皆さんが日常的に行かれるような小売店で売られている商品も数多く輸入しています。
最初にご紹介するのは、ボンヌママンのジャムです。

2

アルカンがボンヌママンジャムを日本に初めて輸入してから、もう、30年近く経ちます。
ぽってりとした厚みのあるガラスの容器にギンガムチェックのフタ、素朴な手書き風のラベル・・・この可愛らしさはすっかり日本でもお馴染みですね。フランス本国はもとより、ヨーロッパ全土、そしてアメリカやイギリス、カナダ他、世界中で大人気です。

002bonnemaman

定番は、赤と白のギンガムチェックのフルーツジャム。
フランスでは、おばあちゃんからお母さんへ、そして娘へと代々伝えられる四季折々のフルーツを使ったジャム作り。ボンヌママンのジャムは、そんな伝統的なレシピで作られています。原材料のフルーツは、しっかりと色づいて熟した、生でもおいしく食べられるものだけを厳選し、お砂糖も良質なやさしい風味のきび砂糖が使われています。
私のおすすめは、バゲットにバターを塗り、その上にジャムをたっぷり塗ったフランスの朝食スタイル“タルティ-ヌ”です。ジャムの甘さが、パンのほんのりとした塩気やバターによく合い、おすすめです、もちろんトーストにも!
他にもヨーグルトやチーズ、アイスクリームに混ぜたり、牛乳と混ぜたりと、いろいろな楽しみ方ができます。

Bm30g_1

一番人気は、ストロベリー。ジャムの王様ですね。

Bm

次に人気なのは、オレンジマーマレード。

Bm_2

スペイン産のビターオレンジを使った苦味の利いた味わいはヨーロッパならでは。このランキングは、世界中どの国でも同じだそうです。
日本だと、これに続くのがブルーベリー。

Bm_3

日本ではすっかり定着しました。

ちなみに、日本以外の国では、アプリコットジャムが人気第3位だそうです。

Bm_4


ジャムの詳細はこちらをクリック

このような定番フルーツジャムだけでなく、ミルクジャム、マロンクリーム、小さい容器に入ったハチミツもお馴染みですよね。
他にも日本で発売されていないフルーツジャムなど何十種類もあり、長年のノウハウを持つボンヌママンの、新しい味を生み出すアイデアは尽きることがありません。

こちらは、2月に発売されたばかりのアプリコット&ラズベリー↓

225g_5 

聞きなれない組み合わせに、ちょっと味の想像がつきませんでした。
ですが、さすがはボンヌママン。
アプリコットのやさしい甘さとラズベリーの酸味の絶妙なバランス。
大ぶりにカットされたアプリコットがゴロゴロと入っており、ラズベリーのプチプチとした歯触りも楽しめます。ぜひ、お試しください。


▲ページのトップへ


コラムタイトル画像


HOME  |  INFORMATION  |  WINE  |  FOOD  |  SWEETS  |  ABOUT