HOMEスイーツコラム01【ブランド】ボンヌママン04【商品】お菓子05【商品】ジャム14 生産者インタビュー

【インタビュー】ボンヌママン・インターナショナルディレクター ベレンド・ムルダース氏

2010年7月 7日 (水)


今回は、ギンガムチェックのデザインでお馴染みのブランド “ ボンヌママン ” のアンドロス社ベレンド・ムルダース氏を迎えてのインタビューをお伝えします。

Image001

==============================================

ガゼットアルカン(以下GA):ようこそガゼット・アルカンへ!
早速ですが、ムルダースさんの経歴を教えていただけますか?


Image003


ムルダース氏:アンドロス社で7年前からインターナショナル・ディレクターという立場で、ボンヌママン担当として働いています。その前は、他社のお菓子メーカーでアジアマーケット担当として働いていたので、日本を数え切れないくらい訪問していますよ(笑)!
ボンヌママンは世界中に知られているので、どこへ行っても皆さんに認知されているブランドの会社で働けることは、私の喜びです。

GA:なるほど、それは良いことですね!
さて、ここからは、ボンヌママンについて伺います。
ボンヌママンは、他のブランドと違う独特のメソッドをお持ちだそうですが、そのことについて詳しく教えていただけますか?

ムルダース氏:もちろんです。
ボンヌママンの強みは、その多彩なフルーツセレクションとユニークな製造過程にあります。
まず、我々のブランドは、フルーツをリスペクトする事から始まります。なぜなら、多くの他社のジャムは、過剰に手を加えることによってフルーツが本来持っている繊維や、ミネラル感や形状を無くしてしまいます。しかし、ボンヌママンの製造過程はとてもユニークですよ。もちろん、そのすべてをお話することは企業秘密のため、できませんが・・・。

GA:砂糖以外の甘味料を大量に使用している市販のジャムも多くあるとか?

Image005

ムルダース氏:あまり、他社のブランドについて言及するつもりはありませんが、一般認識として砂糖を使わないことが、ダイエットや健康に良いという間違った古い固定観念をアルカンと我々で消費者に訴えていかなければなりません!
ボンヌママンはきび砂糖とてんさい糖、つまり100%砂糖のみを使用しています。砂糖を使うのは、フルーツ本来の味を一番損なわないからです。たとえば、2kg のジャムを作るのに1kg のフルーツと1kg の砂糖を使う必要があるとします。それを1kg の砂糖を使わずに甘みをつけるとしたら、代わりに何を使うと思いますか?たとえば果汁などを利用することもありますが、それが果たしてダイエットに良いものだといえるでしょうか?果汁を利用した甘味料を使用した場合、実は、砂糖と同じカロリーなのですよ。さらにまったく違うフルーツの味が加わり、フルーツ本来の味やカラーが変わってしまいます。それは、買っていただいた消費者にとって、とっても残念なことだとは思いませんか?

GA:なぜ、そのようなジャムがあるのでしょうか?果汁の方が砂糖よりもコストを抑えられるのでしょうか。

ムルダース氏:いえ、これはマーケティングなのです!
砂糖を使っていないというコンセプトなのです。もちろん、メーカーはカロリーオフとか健康に良いなどとは表示できません。

GA:なるほど!そんな違いがあったんですね。
ところで、ボンヌママンのジャムは本当にフルーツの香りが豊かで美味しいですが、フルーツのセレクトには何か特別なこだわりがあるのでは?

Image007

ムルダース氏:フルーツの選別は、ボンヌママンジャムの製造の中で、最も大切な工程のひとつです。
トラックに積まれた原料のフルーツが工場に届くと、まず糖度、pH 、味、見た目など重要ポイントをチェックします。これは、ボンヌママンジャムのクオリティーを常に一定に保つための重要な作業なのですよ!

GA:気象温暖化の影響もあることでしょうし、大変な作業ですね!
他に、ボンヌママンの特徴があれば、教えてください。

ムルダース氏:これまでお話したように、最高の品質のジャムを作るには、コストがかかります。当社の商品は決定的に他社のものとは違うので、本物志向の方に食べていただきたいのです!

GA:わかりました!次にボンヌママンのデザイン、特にギンガムチェックのフタについてお聞かせいただけますか?

Image009


ムルダース氏:創業者がボンヌママンブランドを作る時、田舎のおばあちゃんが作るジャムをイメージしました。手書き風のデザインのラベル、田舎のテーブルクロスをイメージしたギンガムチェックのフタは、まさに、フランスのおばあちゃんちのジャムなのです。

GA:最後に日本の消費者の方々にメッセージがあればお願いします。

Image010_2


ムルダース氏:日本の皆様には、本当にボンヌママンを愛していただいております!まだまだファンは増えると信じていますので、アルカンの皆様の情熱でセールスを増やしていきましょう!!

GA:アルカンのセールスチームへのメッセージでした(笑)。


▲ページのトップへ


コラムタイトル画像


HOME  |  INFORMATION  |  WINE  |  FOOD  |  SWEETS  |  ABOUT