HOMEスイーツコラム04【商品】お菓子09 イベント

第10回ガレット・デ・ロワ コンテスト 結果発表

2012年11月21日 (水)


先日行われたクラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ主催の「第10回ガレット・デ・ロワ コンテスト」に行ってきました。

ガレット・デ・ロワについてはこちら
フランスのお正月のお菓子「ガレット・デ・ロワ」

2_4

「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」とはフランス の伝統菓子・文化を広める目的としたクラブで、会員には有名なパティシエの方やジャーナリストの方がいらっしゃいます。そして私たちアルカンも会員になって参加しています。

----------------------------------------------------------------------

Photo
       最終選考の出場選手の皆様

このコンテストは、パティシエ対象「一般部門」と、製菓学校生やクラブのスーチアン会員対象の「エスポワール部門」があり、パイ生地を使う アーモンドクリームを使う フェーブを入れる 24㎝~30㎝サイズで丸型 模様並びにデコレーションは通常の店舗で実施可能範囲内 という規定の中、それぞれの「ガレット・デ・ロワ」を作り出品します。

審査員はクラブの理事やシェフ会員で、美味しさはもちろんながら味わいのバランス、均一な厚みと、模様の美しさが評価されます。

そして審査基準には「正統派ガレット・デ・ロワに関する理解と技術を総合的に審査」とあり、工夫を凝らしすぎても「もはやガレット・デ・ロワではない」となりますので正統派という枠の中で最高のものが評価されるようです。

----------------------------------------------------------------------

Photo_2

約100名のエントリーから、最終選考に残ったのは23名。当日は1名の棄権者を除いた22名のガレット・デ・ロワがずらり並んでいます。フルーツやデコレーションはありませんが、多彩な模様と、焼き色、ツヤがどれも美しく、素朴ながらも華やかでした。

----------------------------------------------------------------------

ついに、入賞者が発表されます。

≪一般部門≫

Photo_3

優勝&フランス農水省賞
伊藤文明さん(パティスリーICHIRIN)


----------------------------------------------------------------------

Photo_4

2位 木野内辰美さん(クラブハリエ美濠工房)

----------------------------------------------------------------------

Photo_5

3位 安井文崇さん(菓子工房ルーヴ)

----------------------------------------------------------------------

≪エスポワール部門≫

Photo_6

優勝 脇田芙美さん(エコール辻東京)

----------------------------------------------------------------------

Photo_7

2位 梶川澄香さん(エコール辻東京)

----------------------------------------------------------------------

Photo_8

3位 福井とし子さん(スーチアン会員)

----------------------------------------------------------------------

Photo_9

入賞の感激で涙を流す方もいて感動的なシーンでした。
また、今回入賞を逃した方たちも、審査員の皆さんに熱心に質問していて、より良いものを作ろうとしている姿が印象的でした。

2_5

入賞者の方には会員企業から、たくさんの贈呈品が贈られました。アルカンからは「アヤラ」のシャンパンが一般部門優勝の伊藤さんに贈られました。

優勝した伊藤さんはその他にもパリ往復チケットや、再来年1月にパリで行われるガレット・デ・ロワ コンクールのエキシビション参加資格が与えられます。

----------------------------------------------------------------------

Photo_10

今回の最終選考に残った22名のそれぞれのガレット・デ・ロワはその場で切り分けられ振る舞われ、楽しませて頂きました。

フランスでは新年に食べる「幸せを運ぶ菓子」。今では日本でも多く見かけるようになりましたので、お正月にいかがですか?


▲ページのトップへ


コラムタイトル画像


HOME  |  INFORMATION  |  WINE  |  FOOD  |  SWEETS  |  ABOUT