HOMEスイーツコラム03【ブランド】キリ09 イベント

第11回 キリ クリームチーズコンクール 前編

2013年8月 8日 (木)


Photo_3
先日終了した第11回キリ クリームチーズコンクールについて2回に分けてお伝えします。


1kiri__1kg


キリ クリームチーズコンクールは2年に一度開催され、お菓子に携わるプロフェッショナルの方から、キリ  クリームチーズを使用した作品を、「生菓子」「焼菓子」「ファクトリー」「ジュニア」の部門で募集し、各部門から優秀な作品を選びます。審査員は製菓業界で絶大な信頼のある方々で、選ばれた作品は大変な名誉と注目が集まる大規模なコンクールです。

-----------------------------------------------------------------------------

今回は全201作品の多数応募の中から、6月に行われた書類審査で4部門各5作品が選抜され、7月末の実技・試食審査に進みます。

まずは書類審査の様子をお伝えします。



59_2


審査会場には応募作品のレシピと写真が一同に並び、審査員の方々が一作品ごとに丁寧に見て、より魅力的なものを絞っていきます。

60


本コンクールは書類審査では応募者のプロフィールはが非公開で行われる為、作品の魅力だけで審査される公正さが特徴でもあります。

こうして約4時間かけて、4部門・計20作品が選ばれ、7月末の実技・試食審査に進むことになりました。

実技・試食審査に進んだ方はこちらをご覧ください。
http://www.arcane-jp.com/style/concours/shorui.html

-----------------------------------------------------------------------------

7月31日になり東京・世田谷区の日本菓子専門学校を会場に、ファイナリストの20名と審査員が集まりました。

部門ごとに「最優秀賞」「銀賞」「銅賞」が各1名ずつ選ばれ、最優秀賞の方には副賞としてフランス研修旅行と、受賞作品をご自身のお店で販売する際に、本コンクールの認定ロゴが贈呈されます。

実技審査は3時間以内に規定数の作品を仕上げ、片付けまでを終了させなくてはいけません。

部門ごとに課題が異なるので、雰囲気が少しずつ違いました。

-----------------------------------------------------------------------------

【生菓子部門】
最も応募が多く競争率の高い部門です。多くのパーツを作成することもあり、手際の良さと細かな作業で、より緊張感を感じます。

3

本岡 遊さん/パティスリーグレゴリー・コレ



17

田中 裕子さん/(株)パティシエエスコヤマ



18

松山 洋樹さん/パティスリーKOSAI本店



19

厚東 宣洋さん/ホテルブレストンコート



20

宮澤 好さん/(株)パティシエエスコヤマ


-----------------------------------------------------------------------------

【焼菓子部門】
見た目はシンプルながら、意外性のある組み合わせが多く見られました。

8

伊藤 忠重さん/(有)ラメール洋菓子店



21

野口 ゆきえさん/shangri-La Hotels Japan(株)



22

山口 倭可子さん/フランス料理RENCONTRE



23

中嶋 悠一さん/(株)ナカシマ



24

加藤 隆行さん/オークラフロンティアホテルつくば


-----------------------------------------------------------------------------

【ファクトリー部門】
味だけでなく、パッケージまで考え込まれていてお店で作品が並んでいるところが目に浮かびます。

2

本田 美幸さん/(株)柏屋



1

向井 聡美さん/(株)バンタン



25

髙木 詠美子さん/MERCER bis Ebisu



26

緑川 利明さん/(株)デザートランド



27

先田 鉱平さん/(株)クラブハリエ


-----------------------------------------------------------------------------

【ジュニア部門】
今回はキリが日本で発売されて30周年を迎える記念すべき年にあたり、新たに「ジュニア部門」を設けました。経験値が3年未満ならではの緊張感がありました。

4

嶋崎 愛弓さん/(株)クラブハリエ



28

小松 夢衣菜さん/東京ディズニーランドホテル



29

加藤 茜さん/カルチェ・ラタン



30

高橋 花奈子さん/カルチェ・ラタン


審査員の方々が、作業台を回り選手の手元や作業の正確さ見ています。それも緊張の時間です。

5

笹崎 良太さん/専修学校 日本菓子専門学校

------------------------------------------------------------------------------

9


プレゼン用のディスプレイには、お皿や小道具を使って作品の世界感を作り上げます。



10


実技審査の終了後、一人ずつプレゼンが行われ、そこで審査員が試食を行い、点数を付けます。



12


審査員の方々は20作品を全て試食し、独創性、美しさなどを含めてキリ クリームチーズの味がより良く出ているかなどの視点で採点します。

シンプルにキリ クリームチーズの味を表現しているもの、今までにない新しい素材を組み合わせたものなど、キリ クリームチーズはチーズケーキの世界を無限に広げていきます。

こうして審査結果が集計され、受賞作品が決まりました。

この結果はこの後にフランス大使公邸で行われる表彰式で発表されます。それについては後編でお伝え致します。


第11回キリ クリームチーズコンクール後編(表彰・作品紹介)


▲ページのトップへ


コラムタイトル画像


HOME  |  INFORMATION  |  WINE  |  FOOD  |  SWEETS  |  ABOUT