HOMEスイーツコラム04【商品】お菓子14 生産者インタビュー

【インタビュー】ニュージーランドのチョコレート 『ウィッタカー』

2014年12月11日 (木)


Whittakers_logo_gold_gradient


今回はニュージーランドのチョコレート「ウィッタカー」について、
輸出担当のアンドリュー・カーディフさんにお話をお伺いしました。

006


GA(ガゼットアルカン):ウィッタカーはどのようなチョコレートですか?

Andrew氏:ウィッタカーは1896年にニュージーランドで創業した
歴史あるチョコレートメーカーです。特徴は最高の品質と味を保つ為に、
「Bean to Bar」にこだわり、ニュージーランドで唯一、原料調達から
成型まで全ての工程を自社で行っているチョコレート会社です。


また、現在までも家族経営を続けており、創業者の情熱と技術が代々
受け継がれています。



021

GA:ニュージーランドではウィッタカーのチョコレートはどのような位置づけですか?


Andrew氏:ニュージーランド国内でのチョコレートのマーケットシェアはキャドバリーの
方が上ですが、プレミアムチョコレートとしてはウィッタカーが1位です。

ニュージーランドでは、ほぼこの二つのチョコレートしかないと言っても過言では
ありません。店頭のチョコレート棚には1割程リンツなどの輸入商品がありますが、
残りの9割をキャドバリーとウィッタカーが占めています。

GA:すごいシェア率ですね。

Andrew氏:ニュージーランドの人にとっては子供の頃から食べている味で、
刻み込まれた愛着があり、国を代表するチョコレートなのです。

----------------------------------------------------------------

1


GA:創業は1896年ですね。チョコレートが盛んなヨーロッパでなく、ニュージーランドで
始まったストーリーを教えて下さい。

Andrew氏:創業者のジェームス・ヘンリー・ウィッタカーは元々イギリスにおり、
創業者のジェームスはチョコレート工場で働いていました。

1890年頃はニュージーランドにイギリスからの移民が多い時代でした。
その流れでウィッタカーファミリーもニュージーランドに渡りました。

そしてジェームスは、イギリスで習得したチョコレート作りの技術を生かし、
自宅でチョコレート作りを始めたことが、現在のウィッタカーの始まりです。

現在は3代目のアンドリューさんとブライアンさんが営んでいます。
先代の情熱は今も強く受け継がれており、彼らも毎日工場に通い、
生産の現場に携わっています。

2


GA:
ウィッタカーはBean to Bar (豆からチョコレートまで)に何故こだわっているのですか?

Andrew氏:それは最も重要なこだわりです。豆の仕入れや、全ての工程を自らの
手でやることで、味のクオリティを維持できるのです。

長年培った技術と、設備投資や品質を維持するための努力は惜しみません。
ガーナ産の状態の良いカカオ豆を仕入れることが、最も難しい部分です。また、
ニュージーランドは小さな島国なので原材料の全てを調達できないので、世界中から
品質の良いものを厳選し、仕入れています。

また、ウィッタカーのチョコレートはカカオバターだけを使用し、植物油脂やパーム油を
使用していません。これらの要素が高い品質と美味しさを作り出します。

----------------------------------------------------------------


GA:今年日本でクリスマス向け商品として新発売された「サプライズ サンタ」について
教えてください。

Andrew氏:「サプライズ サンタ」はサンタさんがチョコレートを作る姿を模したチョコレートです。
パッケージも可愛く、プレゼントとしても喜んでもらえると思います。

1_4



フレーバーは定番の「クリーミーミルク」なので、ウィッタカーをまだ知らない人に、
食べてもらう機会になれば良いですね。サンタさんが、食べる人にも、
ウィッタカーにも幸せを運んできてくれる、そんな存在のチョコレートです。

----------------------------------------------------------------

【サプライズ サンタ】

1_5

① サンタはガーナを訪れて、クリスマス用のカカオ豆を袋いっぱい詰めて帰ってきます。

2_2

② サンタはとびっきりの牛を見つけて、一生懸命ミルクをしぼります。

3_3

③ チョコレートの為の素晴らしい材料をミックスします。

4

④ 美味しくするための秘密の呪文を唱えます。

5

⑤ ソリのようにフォークリフトを運転し、あなたの街までお届けします。

6

⑥ クリスマスはあなたもお友達も皆で〝HO,HO,HO〝

----------------------------------------------------------------

White_raspberry_mini_slab_s

GA:新フレーバー「ホワイトラズベリー」も日本で発売になりました。

Andrew氏:ラズベリーのフレーバーが甘酸っぱく、パッケージも可愛らしいので
女性に好まれると思いますよ。

この「ホワイトラズベリー」の板チョコタイプは(日本では販売していませんが)
売上の一部をピンクリボンキャンペーンに寄付しています。ウィッタカーは
社会貢献にも積極的に取り組む会社でもあるのです。

----------------------------------------------------------------

119


GA:日本の皆さんにメッセージをお願いします。

Andrew氏:ニュージーランドを代表する歴史あるチョコレートを、日本の皆さんに
ご紹介でき、とても嬉しく誇りに思います。

是非、ニュージーランドの美しい自然と澄んだ空気の中で作られた風味豊かな、
ニュージーランドの国民的チョコレート『ウィッタカー』を食べてみてください!

Made_in_new_zealand_2


▲ページのトップへ


コラムタイトル画像


HOME  |  INFORMATION  |  WINE  |  FOOD  |  SWEETS  |  ABOUT