HOMEワインコラム04【ブランド】マルケス・デ・カセレス07【国別】スペイン17 イベント

マルケス・デ・カセレス プレス・ランチ レポート

2010年4月 6日 (火)


皆さん、はじめまして!
これからこのコーナーでは、ワインのエキスパートスタッフが、イベント・レポートや新商品紹介、またワイナリーへの熱い思いを、表現していきたいと思います!

第一回は、スペイン・リオハの「マルケス デ カセレス」社ののクリスティーナ・フォルネ社長を招いて行なわれたプレスランチをレポートします!

Image001_2

Image003_3

上の写真に写っている女性が、クリスティーナ・フォルネさんです。第一印象はとてもゴージャスでおっかない印象(いいのかな・・)ですが、実際はとてもチャーミングで気さくな女性でした!

当日は、専門誌・業界紙を中心にたくさんのプレスの方々にお越しいただき、マルケス・デ・カセレスのワインのテイスティングを行いました。

Image007_2

今回、テイスティングをしたワインは・・・

ブランコ2008年

サティネラ・セミ・ドゥルセ・ブランコ2008年

Photo

クリアンサ・ヴェンディミア・セレクシオナーダ2005年

レセルバ2004年

グラン・レセルバ2001年

Photo_2

ガウディウム・グラン・ヴィーノ2004年

Photo_3

あるワイン・ジャーナリストさんは、サティネラがインド料理に
よく合うのではないかと仰っていました。

サティネラはビウラ種のブドウをメインに使って造られたセミ・スィート・タイプの白ワイン。決してリオハ地方でよく造られるタイプのワインではありませんが、フレッシュ感とやさい甘みのバランスが絶妙なワインです。春から夏にかけてのこの季節、よく冷やしてリラックスタイムに楽しみたいワインです。

ちなみにインド料理との相性ですが、後日、ためしてみたら、びっくりする位、よかったですよ!!

Image009_3

Image010

Image012

今回のイベントを行なったのは、アルカンのキッチン&ダイニングスペース「ターブル・ドート」です。

ワインのほかに、スペインのコヴァップ社のハモン・イベリコやルージエのフォアグラなど、アルカンの輸入する食材を使ったタパスもご用意させていただきました!

今後は、プレス関係者向けやプロフェッショナル向けのイベントの他に、エンドユーザー様を対象としたイベントも検討中です。
このコーナーでもお知らせしますので、お楽しみに!

Image014

Image016

Image017

Image019

マルケス・デ・カセレスについて

スペイン内乱を避け移住してきたフォルネ家が、フランス・ボルドーでシャトー・カマンサックとシャトー・ラローズ・トラントードンを購入し、ワイン造りにおいて名声を高めました。

その後、ボルドーのシャトーを弟に任せたエンリケ・フォルネが、スペイン・リオハ・アルタのセニセーノにて1970年マルケス・デ・カセレスを設立しました。

伝統的なリオハのワイン製法にボルドーのエッセンスを加えることで、テンプラニーリョの風味が見事に引き出され、ボルドースタイルにモダンさと気品が加わった“新しいリオハスタイル”を確立しました。現在もスペイン国内でゆるぎないブランドとして認知されています。

Image021


▲ページのトップへ


コラムタイトル画像


HOME  |  INFORMATION  |  WINE  |  FOOD  |  SWEETS  |  ABOUT