HOMEワインコラム02【ブランド】アヤラ05【国別】フランス09【地域】シャンパーニュ

アヤラ ゼロ・ドザージュ

2010年5月11日 (火)


今回はボランジェと並び、アルカンが扱うもう一つのシャンパーニュ・メゾン、アヤラのZero Dosage(ゼロ・ドザージュ)シリーズについてお話をしたいと思います。

通常、シャンパーニュ生産の最後の過程で、“門出のリキュール”と呼ばれるシャンパーニュの原酒に甘みを加えたものを加えます。これをドザージュというのですが、ゼロ・ドザージュのシャンパーニュとは、このリキュールをまったく加えないシャンパーニュのことです。

まずは、簡単にアヤラの歴史について!!

Image001

Image004

アヤラの創設者エドモンド・デ・アヤラ(1831-1902)はスペイン国王の命令で南米に渡ったスペイン貴族の家系の出で、彼の父がコロンビア領事としてフランスに駐在していた際、シャンパーニュのマルイユ子爵と知り合い、シャンパーニュ造りを学びました。
そして、エドモンドは子爵の姪ガブリエル・ダルブレヒトと恋に落ち、1860年に結婚します。
2人の婚姻により、エドモンドはアイのシャトーと、アイとマルイユ・シュール・アイの素晴らしいブドウ畑を手に入れ、ここにシャンパーニュ・アヤラの歴史が始まります。

さらに、この愛の物語はグランド・マルク歴史の幕開けでもありました。
アヤラは1882年に設立されたグランド・マルク組合の創設メンバー18社の一社となり、第二次世界大戦前は、英国王室とスペイン王室御用達業者でもあったのです!

Image005

2005年より、アヤラはボランジェ・ファミリーの持株会社であるソシエテ・ジャック・ボランジェのメンバー企業となっています。

アヤラでは、2006年に初めてのゼロ・ドサージュ製品である、その名も“ゼロ・ドザージュ”をリリースし、今では、この分野のスペシャリスト的な存在となっています。
生産者インタヴューのコーナーに、ゼロ・ドザージュの誕生秘話が載っていますので、ぜひご覧ください。

Image008

醸造責任者のニコラ・クリム氏と

Image009

代表取締役社長のエルヴェ・オーギュスタン氏です!
彼は、2006年までボランジェ社の副社長を務めた人物です。

アヤラのシャンパーニュは、クリーン、フレッシュ、ピュア、ミネラリティーが特徴です。
同じグループの男性的で力強いボランジェとは、まったく正反対の個性を持っています。

Image011

アヤラを代表するスタンダード・シャンパーニュ、ブリュット・マジュール。
ノン・ヴィンテージのブリュットは、そのメゾンのスタイルを表すものです。
他のメゾンではRoyalとか Impérialといった名前が付けられていますが、アヤラではMajeurという言葉を使っています。
セパージュはピノ・ノワール45%シャルドネ
30%、ピノ・ムニエ25%。

それでは、いよいよアヤラのゼロ・ドザージュ・シリーズ3点の紹介です。

Image013

『ゼロ・ドザージュ』
驚くべきことに、ブリュットNVのブリュット・マジュールとまったく同じアッサンブラージュをドザージュせずに製品化したものです。
ブリュット・マジュールの傑出したクオリティーが感じられます。まさに品質の証明!
ラベルの赤い線は、赤十字を表すとか?!
健康にもよろしいことでしょう!
和食にもよく合います。

Image015

『ロゼ・ナチュール』
同じく、ドザージュをまったく行わない極めて稀なロゼ・シャンパーニュです!
シャルドネ53%(キュイ、ヴェルトス)
ピノ・ノワール39%(マルイユ・シュール・アイ、ヴェルジィ、リリー・ラ・モンターニュ)
さらに、マルイユ・シュール・アイのピノ・ノワールの古樹から作られた赤ワインを8%加えて造られています。

Image017_2   

『ペルル・ダヤラ・ナチュール 2002年』
プレステージ・シャンパーニュのゼロ・ドザージュ・バージョンも非常に珍しい試みです!
2008年秋にフランスでリリースされ、日本では昨年の春に販売を始めました。
シャルドネ80%、ピノ・ノワール約20%。
コルク栓で封をしたボトルで、オリと触れさせたまま5年間という長い期間熟成させることで、酸化還元のコントロールが上手く行われ、アロマの複雑さ、深み、繊細さが引き出されます!

以上、アヤラの3種のゼロ・ドザージュ・シリーズでした!

ちなみに、シャンパーニュの情報満載のWebマガジン“シュワリスタ・ラウンジ”さんのU-StreamチャンネルShwa_Streamでアヤラについてアレコレお喋りしていますので、よろしければご覧下さい!


▲ページのトップへ


コラムタイトル画像


HOME  |  INFORMATION  |  WINE  |  FOOD  |  SWEETS  |  ABOUT